@BGMで最適な動画作成を目指す 基本編

公式の@BGMの説明
http://www.nicovideo.jp/static/help/nicoscript/script_60.html

解像度を実際に測ってみると128x96(4:3)で、容量は公式によると2MBまでとなっている。そこで限界ギリギリの容量を真空波動研Lite 090212 で計測しうpしてみると
  • 2,093,594Bytesはおk
  • 2,098,500Bytesはダメ
だった。

今度は16:9の動画をうpしようと128x72でうpしたが、動画がへちゃげてうまく見えない。

今度は上下に黒縁をつけてうpするとうまくいった。

作り方はあらかじめ128x96(4:3)の真っ黒動画をAviUtlで読み込み、その上に拡張編集のタイムラインに16:9の動画を乗せて縮小すれば黒縁の動画を作ることが出来る。

ビットレートだが8分の30kbpsで2MBくらい。fpsは低解像度なので10程度で十分な気がする。

で実際に試してみると、3種類までの@BGMを用いることが出来、同じ動画は動画内では何度でも使用可能。同時に複数の動画を表示することは出来ない。一方音声は同時再生可能。新プレイヤーだと動画再生場所が右下に固定される。

またニワン語にあるBGMを使ってみたがデフォのsm3844507しかうまく再生できなかった。さらに7月15日の仕様変更で新プレイヤーではsm3844507も再生できなくなったようだ。つまり旧プレイヤーでsm3844507しか再生できない。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

ロベルト

お問い合わせはこちらまで
robelt2525[at]gmail.com

中の人 @nico_lab

広告リンク
Amazon
楽天市場

ブログ更新用 @blo_nico_lab

詳しいプロフィールはこちら

当ブログは、Amazonアソシエイトに参加しています。