ffmpeg のガイドブック(洋書)を買ってみた

公式サイト : FFmpeg Basics - Welcome
ffmpegの公式サイトの下にもリンクが張ってある : FFmpeg Documentation
本の目次はこちら PDF : https://ffmpeg.tv/content.pdf

購入するには アメリカ・アマゾン からペーパーバック版(34$)を輸入するか、公式サイトからPDF版(9.5$)をPayPal経由で購入する。と言ってもアメリカ・アマゾンから買う場合にPDF版よりかなり高いのと、届くまで時間がかかるのでPDF版を強く薦める。PDF版を購入するとPayPalの登録メールアドレスにダウンロードリンクを記載したメールが数分で届くのでそこから保存する。ファイル形式はZIPで圧縮されたPDFである。

個人的な感想


全体を通して音声・色関係は知らないことが多かったので勉強になった。サンプルコマンドがたくさんあるので英語が多少わからなくても読める。ただしサンプルコマンドは基本的な使い方なので過度の期待はあまりしないほうがいい。公式ドキュメントを頻繁に見ているような人は買ってもいいと思う。

アマゾンから届いたペーパーバック版。アマゾンで買って数日後にPDF版もあるのを知り両方持っている。ペーパーバック版の巻末に印刷日時が注文した翌日になっていたので注文が来てから印刷しているのかも。
FFmpeg_Basics_2.jpg

上がアマゾンで買ったペーパーバック版。下が公式サイトで買ったPDF版
FFmpeg Basics_pay

個別の感想


  • PDF版はコマンドのコピペや文字列の検索ができるので便利。
  • 2章はヘルプやエンコーダーやデコーダーなどの特性を転載したもの。
  • 4章から20章までは公式ドキュメントを同程度、または画像付きでより詳しくしたものに。
  • 21章以降は画像つきの説明もあって公式ドキュメントよりはわかりやすかった。
  • ペーパーバック版はPDFと同様にカラーである。


このブログでは ffmpeg に関する記事を多数書いている : ffmpegカテゴリーの記事
現在はこちらで書いている:Ffmpeg | ニコラボ
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

ロベルト

お問い合わせはこちらまで
robelt2525[at]gmail.com

中の人 @nico_lab

広告リンク
Amazon
楽天市場

ブログ更新用 @blo_nico_lab

詳しいプロフィールはこちら

当ブログは、Amazonアソシエイトに参加しています。